MENU
働き方

【大手企業】30代前半で理不尽な異動によるリストラ勧告で退職した話【悲報】

いきなりですが、30代前半でリストラ勧告され退職しました。

 

ちょっと前に富士通リストラやトヨタの終身雇用崩壊の件で騒がれていた時期でした。

よく知らない方は私の書いたまとめ記事をどうぞ。

 

なんとなく遠い世界の話のように感じていましたが、まさか自分が体験することになろうとは年齢的にも思いませんでした。

私はアパレル業界でも大手で、リアルにこういうことが起きているんだと今回の件で実感しました。

 

全然、遠い世界の話ではありません。

ニュースで報じた通り、大手の正社員でも安泰の時代では無くなったのです。

「明日は我が身」という認識を強く持った方がいいです。

 

30代前半でリストラされることも今は多いそうです。

[box class=”pink_box” title=”参考サイト”]30代でリストラされたらどうする?再就職の方法とリストラへの対策方法[/box]

 

その後、調べてみましたが中小では当たり前に倒産が相次いでおり、大手も倒産しないために数百人とリストラしています。

大手の数百人リストラは、一般の中小規模ぐらいなので会社を1個倒産させていると同じことだと言えます。

直近の大手リストラ事例

  • 東芝:7,000人人員削減
  • 富士通:5,000人を配置転換
  • NEC:3,000人の人員削減
  • 日本ハム:200人の早期退職者募集
  • 千趣会:280人の早期退職者募集
  • 大正製薬:948人の早期退職者募集

大手すらそうして経営を維持している実情があります。

私の会社もその1つだったのでしょう。

 

・30代前半でリストラされた時の状況

・リストラ勧告された原因の分析

・同僚、会社に対する気持ち

などを赤裸々に話していきます。

30代前半で理不尽な異動によるリストラ勧告で退職した話

すみれの簡単な経歴

私はアパレル業界では大手規模で正社員として働いていました。

商品開発部署で海外生産の中国、ベトナムの管理窓口を担当していました。

会社の2/3は海外生産で重要な部署であったと思います。

 

業界全体は不景気で会社の売上ももちろん落ちていて経営陣のやり方に社員は不満を持っていました。

技術者も高齢化が進み将来性も不透明になっている時期でした。

表向きは大手ホワイトですが、中身はごちゃごちゃで将来性の無いブラックでした。

リストラ勧告はいきなりやってくる

リストラ勧告された日は前触れも無く、いきなりやってきました。

普段は縁がない重役が会議につかう部屋に急に呼び出されたのです。

丁度、新しい組織編成の時期だったので「新しい仕事が増えるのかな~?」などとのんきに思っていました。

行ってみると私の部署の取締役と人事部長がいました。

この時点で何か変だと察しました。

で、言われたのは

 

「人事異動で販売にいってください。」

 

その瞬間、手足が一気に冷たくなりました。

頭の中も真っ白…

「販売など今のスキルを活かせないじゃないか!」と怒りも込み上げました。

しかし、これまでも小規模なリストラを何度か行っていたことも思い出し

 

「ああ、そうか、辞めろってことか」

 

と、即座に悟りました。

そんなことを考えてる間も人事は色々説明をしていましたが

「もう意思が決まったので言わせて頂きますが、これは退職しろということですよね?であれば、退職させていただきます。」

と私が言うと、人事は「この話を一週間考えて答えが変わらない場合は退職してください。」と言われ面談は終了しました。

私の部署の取締役は俯いて、死にそうな表情でした。

 

そもそも、販売に異動になるにしても勤務条件や勤務先、異動時期などは何も提示されませんでした。

他に呼び出された人に聞いたところ、同じことを言われ何も提示されなかったそうです。

これで何を一週間考えて答えを出せというのか、と勧告された人達も怒っていました。

 

おそらく、「ほとんど辞めるだろうから、残ったらその時考えよう」的な対応と推察されます。

辞めてもらう気でいるので、詳しい条件や勤務先など提示できないのでしょう。

本当にふざけてる、と今でも思い出すだけで怒りがこみ上げます。

結果的に会社を縮小化する為に数百人リストラ勧告した様でした。

自己都合にさせない為に人事に訴えた

異動提示で退職した場合、「自己都合」にさせられる!と思い、人事にメールで「今回の場合は会社都合なのか?」と訴えました。

 

何度かメールのやり取りを繰り返し、明確な返事がもらえなかったので

「明確な返事がもらえないので労働基準監督署に相談する」旨を送りました。

そしたら「会社都合です」と返事がもらえました。

 

つまり、最初から理不尽な異動を押し付け辞めさせるつもりで、大手なので訴えられると困るということがわかりました。

 

Twitterで「異動はリストラ勧告じゃないのでは?」という意見もたくさんありました。

結果的にそう仕向けて、訴えなければ会社の都合よく「自己都合」にされていたかもしれませんね。

会社としては余計なお金は払いたくありませんからね。

会社にお金が無い場合この様なやり方でリストラ勧告されるんだと思いますね。

 

あとやっぱり複数の収入は作っておくべきだと思います。

自分も他の収入で稼げてないので偉そうなこと言えませんが、将来の資産になるスキル、副業をやっておいた方が良いです。

プロでベテランであるほど有利な副業サービスもあります。

プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」

人の相談にのったり、話聞いたりが得意な人はそれすら副業になる時代ですよ!

ココナラでは相談にのって稼いでる人もいます。

スキルのフリマ【ココナラ】

リストラの基準は何だったのか?

何故、リストラされたのか原因を考えてみる

そもそも30代前半で何でリストラされたのかなぁ~と分析してみました。

 

意外にも社内で30代でリストラ対象になっている人は多かったです。

むしろ60~65歳で定年近い技術者が残っていたり…。

一番リストラされたのは事務、経理、営業だと思われます。

 

その時の会社の方針は技術者を残し、年齢は関係なくパタンナー、メーカー出身技術者、職人などのベテランを残している様でした。

フルオーダーもやっていたので技術者、職人は残したかったのでしょう。

となると、私は今の仕事だと海外専門の企画、生産管理の様な感じなので会社の方針にマッチングしなかったのかなぁと。

他も長く会社に貢献していても技術を持たない人はリストラ勧告されていました。

そもそも、私の場合は努力が足りずスキル不足で切られたのかもですが。

 

ただ高齢の方が多いので、この先どうするんだろう…?という疑問は残ります。

私の部署は30代は私含めて3人、20代はいません。

おそらく残った人は数年したら皆、定年で居なくなってしまうような方ばかりです。

 

つまり、新しい人材を育てる余裕もないぐらい会社が衰退している、ということが考えられます。

ベテランから若手に技術が引き継がれるのが普通なのですが、育てることに力を入れてなかった為、若手に技術者はいません。

このことからいよいよ倒産までカウントダウンが迫ってる気がしました。

 

親会社は金持ちですが、やはり業績は下がっていました。

会社ごと売却される可能性を考えると、今のタイミングで辞める選択をして間違ってなかったと思います。

どんな会社だったのか?

会社の経営陣はクソでも働いていた上司、同僚とは仲が良かった

合併して各々、やり方が違ったりと不満はありつつも同じアパレル商材を扱う仲間として仲は良かったです。

上司も部下のことをよく考えて、進捗管理もちゃんと共有し上手くいかない時は部下のフォローもしっかりする人でした。

そういう人間的に素晴らしい上司もリストラ勧告され(販売への異動)、早々に退職しました。

 

私が会議室に呼び出される前に呼ばれていたので、「ああ、上司はきっと辞める道を選ぶだろうな」とも勧告された時に察しました。

私達のチームはこの上司によって支えられていたといっても過言では無かったので、私が会社に残るモチベーションはなくなりました。

 

 

同僚…といってもほとんどは40代後半~60代なのですが、ベテランばかりだったので学ぶことも多く仲は良かったです。

この会社の経営が普通に維持できていれば、まだまだ勤めたい会社でした。

これはすでに退職した同僚(友人)も言っていました。

 

辞めた後も飲み会に誘ったり、気兼ねなく交流もしていました。

人間的に面白く魅力的な人が多く本当にアットホームで楽しい部署でした。

 

大手企業30代前半で理不尽な異動によるリストラ勧告された話のまとめ

皆さん、どこかリストラって遠いところの話だと思ってません?

大手に正社員で入れば安泰、安定とか思ってません?

でも自分はまだ若いしリストラされないとか思ってません?

 

そんな時代もう終わります!!!

 

一応、言っておくとこれから就活、転職する人はアパレル業界は不景気なので覚悟しましょう。

そしてアパレルは楽しそうで華やかなイメージありますが結構、体育会系です。

 

この記事を読んで焦った方は将来に繋がるスキルを身に付けた方がいいです。

私の様にブログでもいいし、アフィリエイト、ライターやプログラミング、動画編集などのweb関係はこれからも伸びると思います。

会社が無いと生きていけないというのは今の時代は危ないです。

長年積んだスキルが「社内スキル」では何かあった時に意味がないんです。

失敗してもいいので、何か行動して自分の強みを見つけましょう!

 

web関係じゃなく営業、人事などの経験を活かす副業サービスもあります。

プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」

 

好きな仕事だから業界が衰退しても続けていられましたが、やっぱりきついです。

「好きなこと」で稼げるのは伸びてる業界だけだと今回の件で痛感しました。

 

でも、ブログにチャレンジしたことでweb業界という新しい道を切り開けました。

チャレンジすることで自分が気が付かなかった分野に目覚めるかもしれません。

私はこれからweb業界目指して勉強する予定です。

リストラされても前を向いて進みますよ!

 

長々とここまで読んでいただき、ありがとうございました!

おわりっ!