MENU
働き方

【2019年】富士通が大規模リストラ!45歳以上がリストラ対象!?

富士通が2019年4月を目処に45歳以上の配置転換、早期退職者を募るニュースがありまして、ものすごく驚きました。

45歳って…マジか…

まだまだ働ける人材だと私は思いますし、ちょうどバブル世代~バブル崩壊を体験している方々だと思います。

会社を一生懸命盛り立ててポジションを得てきたと思ったところに、この絶望です。

 

このニュースから感じたことを書いていきたいと思います。

また、これからどう生き残ればいいのかも考えていきましょう!

富士通が大規模リストラ!45歳以上はリストラされる!?

富士通という超大手企業が何故、大規模なリストラを始めたのでしょう?

その背景にはAI技術の発展があるように感じました。

理由を実際に富士通が行った配置転換、リストラの内容と共に見ていきましょう。

 

人事総務や事務、経理は厳しい

色々調べていたら45歳以上リストラ事件の前に富士通は動いていました。

 

富士通には間接部門があります。

人事総務、事務、経理、2万人勤務していましたが、その内5000人を配置転換かリストラすると発表していました。

 

配置転換は営業やSEなどで、それが嫌な方は早期退職、または転職を支援するという話です。

つまり人事総務、事務、経理は人が多すぎていらない、何故ならAIが替わりやってくれる様になってきたからです。

最近は電子化が進んでいますので経理や事務作業も減りつつあります。

 

残っても、辞めても地獄

ずっと経理や事務やっていた方がいきなり営業、SEとかって厳しいと思いませんか…?

しかもキャリアを積んできたのに新人で1からやり直しな上に、畑が違いすぎますよね…。

現場で使えるようになるには3~5年…。

この目安は20代前半で学習意欲があることが前提なので厳しいですね…。

仮に転職できたとしても新人として出直しです。

どっち道、地獄しか待っていない結末…。

 

結果、約5000人のうち、2850人が退職。2000人強が配置転換。

半分以上は、配置転換を拒否し、転職したということになります。

中小企業200社分ぐらいの人数です…恐ろしい…。

 

この件で「うちの会社大丈夫か…?いいとこあれば転職しようかな…」と思うかもしれません。

転職するにしても自分の市場価値が分からないと動けませんので

一度、市場価値を知るところから始めてみてはいかがでしょうか?

私も転職したときはMIIDAS(ミイダス)に登録していました。

 

\市場価値を知りオファー欲しい方へ/
適性検査LP



富士通リストラから考える事

富士通が大規模リストラをすることで分かることがあります。

大規模リストラは実は富士通だけではなく、他大手企業も行っています。

このことから日本が変化していく予感がしますね。

私の考える考察を書いていきたいと思います。

 

終身雇用が崩壊する

45歳くらいの方って昔は終身雇用が当たり前だった世代だと思うんです。

だから若い時は給料が安くても、年を重ねれば給料が自然と上がっていくシステムだったんです。

安くこき使われて、辛くても我慢してきて、これからって時にリストラされる、もちろん子供もいたりする。

 

でも正直、終身雇用は10年前には公けにしないだけで、とっくに終わっていたと思います。

終身雇用が続くと信じてスキルを磨かずにいた場合、45歳という年齢じゃ転職も難しい。

企業も45歳を雇うなら経験のある20代後半~30代を雇いたい.

会社の運営方針に合う高いスキルが無い限り45歳以上の転職は難しい。

 

配置転換しても残りたい方はたぶんスキルも微妙な方が多いんじゃないかな、と…

スキルを磨いて働いてきていたら、行動して転職できるわけですからね。

 

配置転換された方も新入社員の様な気持ちで年下社員に教えられながら仕事を覚えなくてはいけません。

しかも降格され、給与も下げられるでしょう。

地獄ですね…。




企業に依存しない、スキルを身に付ける

結構前から言われていますが、大手企業のリストラは拡大し終身雇用は崩壊します。

もう企業に依存していてはいけない時代が来ています。

会社の名前を取ったら何も出来ないスキルの無い人材では、この先、生き残っていくのは困難でしょう。

副業などでスキルを磨きつつ、いつでも対応できるように準備しておく必要があります。

私もこのニュースを見て、ブログ開設をしてスキルを磨いています。

ぼんやりと他人事の様に働いていてリストラされると焦ります。

これから就活する方も、定年まで企業で働くつもりでいるのは難しい時代が来ると感じています。

 

いつ何が起こるか分かりません。

何か自分の得意分野で副業など始めて収入の柱を増やしておくといいです。

自分には何もスキルがないと思う方もいるかもしれません。

まずは自分の働いてる分野のスキルを活かしてみてはいかがでしょう?

 

【プロの副業】は人事や営業のスキルなども活かせるプロの副業紹介サービスです。

株やフリマなどのお小遣い稼ぎでは無く、自分の仕事スキルで稼ぎたい人にオススメです。

特に営業や人事スキルをがっつり活かせる副業はなかなか無いです。

 

サイトを見ましたが、かなり本格的な副業案件があります。

[btn class=”simple”]プロ人材の副業紹介サービス「プロの副業」を見てみる

 

あと働きながら稼げる内に資産運用をして増やしておきましょう!

これからは年金も少なくなるので資産運用も大事になってきます!

 

何故なら日本はダメになっても、世界は成長しているからです。

私はAIで資産運用していて実績も出ています。

富士通リストラのまとめ

冒頭で言った様に私は45歳はまだまだ働けるし、特にITは知識産業ですから若手に教えることはできるはずです。

 

若い=仕事をバリバリやる という日本独特の年齢信仰がありますが、私は古いと思います。

個人の適性や実績によってリストラを考えるべきだ考えます。

 

何故か日本は「○○歳以上」といった年齢で区切るので、個人の評価が尊重されていないと感じます。

私の働いてる会社でも60歳で誰にも負けないスキルとリーダーシップでチームをまとめてくれる上司がいます。

部下の信頼も厚く計画資料もしっかり作るし、PC操作も分からなくても恥ずかしがらずに部下に聞き学んでいました。

60歳にしても、なお成長している様に見え本当に素晴らしい上司だと思います。

 

そういう素晴らしい人材を年齢で区切りリストラしたら、逆に会社のモチベーションが下がるのではないでしょうか?

 

私だったら会社に失望します。

 

長年、終身雇用システムから抜け出せなかった日本はこれから、どんどん人材不足で厳しくなるでしょう。

スキルを身に付けても年齢でリストラされてしまう可能性もあります。

その前に個人としてポジションを確立していることが大事になってくると思います。

個人でも稼げるスキルを磨いておきましょう!

 

▼オススメのベテラン専用の副業サイト▼