MENU
お金の話

【口コミ・レビュー】WealthNavi(ウェルスナビ)を7ヶ月運用してみた!

資産運用が怖い!銀行に預けておくのが安心!

資産運用はお金持ちがやるもの!

そんな風に考えていませんか?

 

私も30代になるまで銀行に全部預けていた人間です。

だってリスク怖いし、面倒だし、お金持ちがやるものでしょ・・・?

お金の無い人は銀行貯金が一番確実で堅実だと考えていました。

しかし、それは日本人特有のお金の知識に乏しいからだと気が付きました。

 

今は簡単に資産運用できるシステムが整ってきている時代です。

そうロボアドバイザーというAI資産運用です。

 

その中で実際に私が資産運用している

新時代のAI資産運用「全自動のロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)」について解説します。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

正しいお金の知識を学ぼう

日本ではお金のことを学校の授業で教えない

ある日、「村上ファンド」で有名な元通商産業省官僚の村上世彰さんがTVに出ていまして、ぼんやり見ていました。

お金についての考え方、資産運用の話などしていて、「お金の稼げる人は世界が違うなぁ~」

などと思っていました。

その中に学校でお金の授業をしないのは日本だけなんです。という言葉に

 

(;゚Д゚)エッ!」となりました。

 

海外では学校の授業で株や資産運用、マーケティグについて学ぶそうです。

日本と違い年金制度、介護保険など手厚い制度が無いので、一般家庭で資産運用をして老後の資金を作るのが当たり前だという話でした。

 

お金の話を家族でするのも当たり前だと聞いて、カルチャーショックを受けてしまいました。

だって日本では お金の話=悪、はしたない とタブーな風潮があって避けますよね?

よく考えたら国民の義務と言われる納税も学校の授業で教えてもらったことがない・・・。

日本ではお金について学ぶ機会が無いのです。

 

そう、日本はお金に関して無知であるが故に資産運用が怖いと考えてしまうのです。

 

今からでも遅くありません、正しいお金の知識を身につけましょう。

流行りのお金のスクールに通う方もいますが、まずは本を読むことをオススメします。

お金の勉強がしたい初心者向けオススメの本4冊紹介。お金の知識を身に付けよう!

 

個人的におススメは先ほど名前を上げた村上ファンドの村上世影さんの本です。

子供向けに書いたお金の本ですので、難しい言葉も無く読みやすいと思います。

村上さんが日本にお金の授業が無いことに危機感を持ち、子供の時からお金の知識を付けて欲しいと願いを込めた書籍です。

 
 

日本こそ資産運用しないと危ない!

終身雇用崩壊と年金が減ってしまい自助する必要がある今、金融庁も若年期からの金融商品への投資を奨励する報告書をまとめました。

 

これからは老後の蓄えに資産運用するのが当たり前になるでしょう。

怖がっている時間があるのならば、早く資産運用を始めるべきだと私は考えます。

以前に富士通の45歳以上をリストラするニュースがありましたが、他人事ではないと思います。

そうなっても資産を増やしていける様に今から準備しましょう。

私が始めたのは全自動のロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)

カルチャーショックを受けた私は自分なりにお金の勉強を始めました。

 

海外の一般家庭で当たり前にやっているなら、私でも出来るはず!

 

FXと違い自分が預けた金額以上のマイナスになることは無い(借金にはならない)ので、とりあえずやってみようと思いました。

有名な資産運用だと「積立NISA」「iDeCo」がありますが、運用期間が決まっているのと、自分で管理するのが嫌だなぁと思いました。

なるべく老後も運用していきたいと思ったからです。

 

そこで調べるうちに見つけたのが預かり資産No1の全自動のロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」でした。

開始金額も10万円からと始めやすく、自動積立は1万円からすることができます。

\スマホからいつでも推移を確認できます!/
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

大事なのは「長期・積立・分散」

 

資産運用は「長期・積立・分散」が運用する上で大事だと言われています。

 

WealthNaviの特徴は長期運用、資産の分散、自動積立、さらに見直しなどを自動でやってくれます。

 

NISAや株などの資産運用は自分で分散、見直ししなければいけません。

知識が少ないと見直ししようにもわかりませんよね?

WealthNaviは全ての条件をクリアしていて、時間が無く忙しい世代の為の資産運用なのです。

 

まずはシュミレーションしてみよう!

いきなり、お金を預けるのは怖いという方は、まずはシュミレーションだけでもやってみてはどうでしょうか?

    

リスク許容度も1~5まであり、どれぐらいのリスクなら許容できるかも設定ができます。

半年に1回自動で運用内容を見直してくれるリバランスやポートフォリオ作成もやってくれます。

 

「積立NISA」「iDeCo」ではポートフォリオ作成や見直しは自分でやらないといけません。

ちなみに手数料は1%ですが、全てを最適な状態で運用してくれるなら安いと思います。

手数料は長期割というのがあり、預ける期間が長期になるほど徐々に手数料を少なくすることもできます。

WealthNavi(ウェルスナビ)は忙しい社会人にうってつけのサービスだと思います!(*゚▽゚)ノ 

 

\スマホからいつでも推移を確認できます!/
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

WealthNavi(ウェルスナビ)を実際に運用した結果は?

WealthNavi(ウェルスナビ)を7ヶ月やってみた結果

少額ではありますが、増えてます!!!✧٩(ˊωˋ*)و✧

 

ちなみにリスク5 積立1万円です。

銀行にずっと預けていたら、全然増えずにいたと思います。

私は今30代なのですが資産運用を20代から始めていたら今頃もっと増えていたと思います・・・(._.)

 

ただ始めてすぐにマイナスに振ってしまったので、「どうしよう!止めようかな…」とかなり感情を揺さぶられました。

しかし、それこそが運用が上手くいかない人の特徴らしいです。

マイナスになった⇒怖い!やめよう! この感情に襲われても止めないで見守ってください。

 

なぜなら、その感情に振り回されないようにWealthNaviには理論的に運用してくれるAIを使っているんです。

 

資産運用は「人間の感情に振り回されると失敗しやすい」とWealthNaviを運営するECO芝山和久さんが語っています。

その感情を理性的にコントロールする為にAIを使い制御しているのです。

損を怖がる人間の脳こそが失敗の元なのです。

 

「長期・積立・分散」 これを忘れずに運用してみてください。

 

\「長期・積立・分散」を自動化/
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

まとめ

ウェルスナビを実際に運用しレビューしてみました。

これから資産運用を始める方は「AIにお金を預けて大丈夫なの?」と不安に感じる方もいると思います。

海外ではメジャーな資産運用になりつつあります。

 

ウェルスナビをもっと知りたい方はウェルスナビECOの芝山和久さんの出した本を読んでみてはどうでしょうか?

芝山和久さんは国際結婚で日本と海外の資産格差を知り、色んな投資に挑戦、失敗し、そこから学び、ウェルスナビを設立しました。

 

どんな思いでウェルスナビを作ったのかを知る事ができます。

この本を読んで納得出来たら、その時はウェルスナビを始めてみてはいかがでしょうか?

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)