ライフスタイル

お台場「チームラボボーダレス」で服装は動きやすい服、靴がいい理由

2018年6月21日にお台場・パレットタウン大観覧車近くにオープンした

「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」。

 

実際に遊びに行ってきました!!

今回は「チームラボボーダレス」に行く際の服装の注意点ついて解説したいと思います。

 

デジタルアートと聞くと歩いて楽しむだけかと思いがちですが「チームラボボーダレス」は違います!

体験型のデジタルアートが多いので服装に気を付けるだけで思いっきり楽しめます!

 

では、さっそく「チームラボボーダレス」に行く際の服装について解説していきます。

 

お台場「チームラボボーダレス」の服装は動きやすい服、靴がいい理由

お台場「チームラボボーダレス」とは?

境界のないアートは、部屋から出て移動し、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、他の作品との境界線がなく、時には混ざり合う。そのような作品群によって境界なく連続してつながっていく1つの世界。

境界のないアートに身体ごと没入し、10,000㎡の複雑で立体的な世界を、さまよい、意思のある身体で探索し、他者と共に新しい世界を創り、発見していく。

引用:公式サイト

【チケット】
一般/高・大学生:3,200円
子ども(4歳~中学生):1,000円
障害者手帳をお持ちの方:1,600円
※前売り券・当日券 ともに同額です

 

チケットは事前に購入してから行きましょう。

当日券は売り切れになる可能性が高いです!

 

公式サイトで買えるスマホ用「eチケット」が便利です。

他、コンビニでも購入できます。

ローソンセブンイレブンで前売り券が購入できます。

 

チームラボ ボーダレスに適した服装は?

女性は短いスカート、細い高めのヒール、サンダルは止めておきましょう。

デートでオシャレしたい気持ちは分かりますが…!!

 

 

男性も半ズボンやサンダルなどで行くのは止めておきましょう。

夏場は暑いのでついつい楽な格好で出かけたくなりますよね。

 

「チームラボボーダレス」はデジタルアートではありますが、歩いてみるだけではありません。

体験型デジタルアートの作品がとても多いのです。

下記で解説していきますね。

 

空間を広くみせるために床が鏡張りの作品が多数ありますので女性は短いスカートは避けましょう。

 

一番人気の「ランプの森」も床は鏡張りです!

 

トランポリンの様な網目になっている体験型デジタルアート「浮遊する巣」です。

網目にヒールが刺さってしまい動けなくなる可能性があるのでヒールは避けましょう。

またサンダルも怪我をしやすいので避けましょう。こちらも床は鏡張りです。

 

これらのデジタルアートを楽しむ為にも短いスカートやヒール、サンダルは避けた方がいいでしょう。

床が鏡張りになっている作品は「腰巻き」がレンタルできます。

スカートで行きたいけど不安な方は「腰巻き」を是非使いましょう。

 

「チームラボボーダレス」はレンタルシューズのサービスもあります!

ヒール、サンダルで出かけて「チームラボボーダレス」に行くことになった場合も大丈夫です!

チームラボボーダレスの4階にはレンタルシューズのサービスがあります。

 

4階の「チームラボアスレチックス運動の森」では体験型のアスレチックずらりとあります。

動きやすい靴で思いっきり楽しみましょう!

 

高低差の激しいエリアもあります。

 

これらの体験型のデジタルアートも思いっきり楽しみたい場合は動きやすい服装で行くようにしましょう!

 



お子さんの服装も動きやすい服で!

子供向けエリアもあります。

アスレチック、トランポリンや滑り台などが多い為、動きやすい服装にしましょう。

汚れることは無いと思いますが、念の為汚れても良い服装だと安心ですね!

スカートだとアスレチックで引っかかったりするので、ズボンをオススメします。

 

トランポリンの体験型デジタルアート「マルチジャンピングジャンピング宇宙」

 

オブジェクトで街が作れる「裏がえった世界の、巨大!つながるブロックの街

 

滑り台の体験型デジタルアート「滑って育てる!フルーツ畑」

 

お子さんの楽しめる体験型デジタルアートがたくさんあります。

是非、動きやすい服装で「未来の遊園地」を思いっきり遊ばせてあげてください。

 

お台場「チームラボボーダレス」の服装は動きやすい服、靴がいい理由のまとめ

私が実際に行ったとき、友人がヒールの高いブーツだったのですが履き替えるのも面倒そうでした。

カップルで来ていた女性の方も短いスカートで、せっかくのデートを腰巻で写真を撮ったりしていたので勿体ないです…。

彼と撮った写真が腰巻してる思い出っていうのも悲しいです…。

 

せっかく行くならば動きやすい服装で是非楽しんで欲しいです!

是非この記事を参考に服装に注意して「チームラボボーダレス」を堪能してきてください!